Make your own free website on Tripod.com

14 覚城院


弘法大師 明星来影
 若い修行僧は,室戸岬の洞窟にこもって一心に「虚空蔵求聞持法」をおさめようとしていました。
 ある日の明け方,その真言を唱えていますと,空の明星が次第に近づいて,洞窟の中へ飛びこんできました。
 この「明星来影」の神秘体験が,修行僧の進路を決することになりました。
 空と海が一つに溶け合う室戸の海,修行憎・空海(弘法大師)の名は,ここから生まれたのです。

覚城院山門